ロゴ

1月11日のWARUKO
「揚げ餅」

  WARUKOのチャームポイントは、にゃんと言ってもこのぷくぷくおなか。
WARUKOmamaは、このWARUKOのおなかそっくりのものが、何かあったような気がして、一生懸命思い出そうとしてるんだけど、中々思い出せません。最近身近で見たような気がするんだけどにゃあ……こんな風に白くて、丸くて、安定感あるもの……
あああああああああっ! アレだぁ!
突然WARUKOmamaは気がつきました! WARUKOのおなかそっくりのもの! それは……

鏡餅ぃ!
白くて丸くて、ででんッとしたこの安定感は、まさにWARUKOのおなかだぁ!

WARUKOmamaは、座ったまんまうとうとし出したWARUKOにちょっといたずらしてみました。
「WARUKO、起きて起きて!」
「にゃに?」
「見てみなよ! WARUKOのおまたンとこ!」
「え? おまた? にゃ……にゃ……」
「にゃんじゃあこりゃあ!」

「ま、まさか、またこんなとこから出て来ちゃったにゃんて……」
またまたWARUKOの分身達が生まれたときみたいに、(分身誕生話は、去年の4月19日の日記にあるにゃん)WARUKOはびびってしまいました。
「ごめんごめん。WARUKOmamaがちょっといたずらしただけだよ。これは鏡餅! 今日は鏡開きなんだよ」

「鏡開き?」
「そう。お正月に神様や仏様にお供えしたお餅をね、食べる日なの」
と、WARUKOに説明しつつ、実はWARUKOmamaは、もう二十年以上、鏡開きの日に鏡餅を食べていませんでした。最近の鏡餅は真空パックされていて日持ちするから、ついつい、保存食置き場行きにしてしまうのです。

まだ真空パック鏡餅がなかった頃、鏡開きと言えば揚げ餅でした。むき出しでお供えされていた鏡餅は、鏡開きの頃にはカラカラカチカチに乾燥して、ひび割れたり、カビが生えたりしていました。それをトンカチで割って、油で揚げ、塩をふり、食べたものです。WARUKOmamaはあの揚げ餅が大好きでした。でも真空パックの鏡餅では、あれは作れません。

その昔、明治生まれのおじいちゃんとおばあちゃんが生きていた頃、WARUKOmamaのウチでは、お正月用のお餅と鏡餅を作る為に、年末、お餅つきもしたし、おせちも全部手作りしていました。
お餅つきしている傍らに、れんたんがいくつも並んで、黒豆、白豆、うずら豆、そして昆布巻きが、何時間もかけて煮ふくまれて行くんです。
WARUKOmamaは子供の頃から、お餅もおせちもあんまり好きじゃなかったので、「こんなのより、ボンカレーがいい」とわがままを言っては、叱られていました。
もう、あの頃の風景は、どこにもありません。おじいちゃんが亡くなってから、お餅つきはしなくなり、おばあちゃんが亡くなってからは、料理ギライのWARUKOgran’maが、おせちをどんどん簡略化、そして真空パックの鏡餅の登場で、鏡開きに揚げ餅を作ることもなくなりました。
おばあちゃん、ごめんね。おばあちゃんの味を、WARUKOmamaは受け継いでいません。いまだに実家の縁の下には、れんたんがゴロゴロ残っているのに、WARUKOmamaは圧力鍋で、昆布巻きを作っています。鏡開きにも、お餅を油で揚げてません。
でもね、あの頃の風景はWARUKOmamaの記憶にしっかりと残っています。そして毎年、お正月になると、おばあちゃん、おじいちゃん、そしてWARUKOgran’paがいた頃を思い出します。そんな想い出話ができる人、聞いてくれる人がいる限り、まだまだおばあちゃん達も「生きているんだ」と痛感します。
未来も大事だけど、時折過去を振り返る時間も、大事にしなくちゃなぁと思います。
「そうだ! いいこと考えた!」
と、突然WARUKOが言いました。
「何?」

「あのにゃん、真空パックの鏡餅開けて、カラカラカチカチのヒカラビ君ににゃるまでほっとけばいいんだにゃん。それから油で揚げれば、想い出の揚げ餅、作れるにゃん!」
「おおお! にゃるほろぉ!」
鏡開きの日からは随分遅れちゃうけど、でもいっか!普通に食べるよりも、 あの揚げ餅を二十ウン年ぶりに味わう方が、きっとおばあちゃん達も喜ぶよね!
WARUKOのおかげで、今年は懐かしい味に再会できそうです。
いやあ、流石、WARUKOです。ダテに「鏡餅腹」してないにゃん!
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る