ロゴ

2月21日のWARUKO
「春にお帰りなさい!」

  「ただいまぁ!」
WARUKOの「ででんぷくぷくおなか」が、無事に帰って参りました!
病気で一週間も御飯が食べられなかったにゃんて、まるでウソみたいに元気一杯です!(WARUKOの病気のお話は、2月1日の日記にあるにゃん)

やっぱりWARUKOはこうでなくちゃね。
この「ころころぷくぷく」こそが、WARUKOの最大の魅力にゃんだもん!

すっかり元気になったWARUKOが、久しぶりに二階のベランダからお庭を見下ろすと、にゃんとそこでは……

もう梅の花が五分咲きになっていました!
「ただいまぁ! 春を連れて帰って来たよぉ!」と言わんばかりに、膨らみかけた蕾が一杯です!

寒いの苦手なWARUKOmamaは、冬の間外を歩くとき、ポケットに手を突っ込み、首も肩もすぼめてマフラーに顔を埋め、ガジガジに縮こまって、本物にゃんこのWARUKOよりも猫背になっています。
そんなWARUKOmamaのにゃんこ背中を、毎年治してくれるのが、春先案内人の梅の木です。
「肩の力抜いて、上を見上げようよ! 春が来てるんだよ!」と、蕾を一杯つけた梅の木は語りかけてくれます。昨日より今日、今日より明日、どんどん花開く庭の梅の木を見上げるたびに、WARUKOmamaのガジガジ猫背がだんだんほぐれて来て、まだ冬の匂いが残る景色の中に、春を探し始めます。そうすると、次々に見つかるんですよねぇ、出掛ける先々にも春先案内人。でも同じ都内なのに、WARUKOmamaんチの梅よりも一杯咲いてるところもあれば、まだまだ蕾だけのところもあったりして。こういう時間差を見つけると、春はゆっくりじっくり、じわじわと、冬を抱き込んで行くんだにゃあと感じます。

木の上だけじゃなく、土の中にも、春は訪れていました。
WARUKOmamaの家の花壇には、テラコッタにゃんこのテラコに見守られて、チューリップの芽に……

百合の芽まで顔を出しています。
「お帰りぃ! また今年もステキなお花を咲かせてね!」と、テラコも綺麗な季節への期待感で一杯になります。
やっぱり春はいいにゃあ。自然とワクワクして、イイこと、ありそうな気がします。


WARUKOもね、WARUKOmama同様、寒がりだから、冬の間はこんな風にギュッと縮こまりがち。
だけどさ、WARUKO、そろそろWARUKOもびょい〜んと伸びをしようよ!

はい、それじゃ行きますよぉ。
びょい〜ん!

びょい〜んと猫背を伸ばした家猫WARUKOは、早速おウチの中にも「春」を見つけました。

「ん? これはにゃんだ?」
お台所の片隅にあるそれは……

ちょん切られた茎から伸びてる三つ葉の新芽!
おひたしにして食べちゃった三つ葉の根っこを、WARUKOmamaは捨てずにとっといたんです。お水をあげただけでほったらかしだったのに、ものすごい速さで、茎からにょきにょきと顔を出してる新芽を見て、WARUKOもWARUKOmamaも本当に春ってすごいにゃあと思いました。これが真冬だったらこうは行きません。茎の中でギューッと縮こまっちゃって、中々芽を出してくれません。。

WARUKOはもっともっと春を感じたくて、またびょい〜ん!と伸びをしてみました。
それではみなさんもWARUKOとご一緒に。
びょい〜〜〜ん!
背筋が伸びたら、春探しの準備完了です。

WARUKOは思いました。もしかして春は、皆にびょい〜んさせるために、毎年帰って来てくれるんじゃにゃいの?
きりっと澄んだ空気の冬に新年を迎えて、背筋を正し、気持ちを新たにしていても、気がつけば、背中が丸まってる。新たにしたはずの気持ちは一体いずこ? にゃんて人、結構多いんじゃないかにゃあ。
でもびょい〜〜〜んして華やぐ春を迎えれば、新しいこと、見つけたくなるもんね。
WARUKOmamaも、毎年春先案内人に出逢うたびに思います。常夏にも憧れはあるけれど、やっぱり必ずびょい〜〜んさせてくれる春が巡って来る、四季のある日本に生まれてよかったにゃあって。
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る