ロゴ

3月7日のWARUKO
「通り道」

  WARUKOがソファのド真ん中で、うとうとと気持ちよぉくうたた寝していると、WARUKOの分身、2号達がやって来ました。
(WARUKOの分身誕生話は去年の4月19日の日記にあるにゃん)

「ねぇねぇ、WARUKOmamaとpapa、またWARUKO1号だけ連れて、どっかお出掛けしちゃったよ!」
WARUKOの分身達が騒ぎ立てました。
「うるさいにゃあ……折角気持ちよく居眠りしてたのに……」と、WARUKOはちょびっと不機嫌です。
するとそこへ、WARUKOきょうだいのA号とB号までやって来て言いました。
(WARUKOきょうだいのお話は去年の9月26日の日記にあるにゃん)

「 ねぇねぇ、皆で千里眼の術を使って、WARUKO1号が何してるのか見てみようよ!」
「めんどくさいにゃあ……」と、WARUKOはあまり乗り気ではなかったけど、皆がうるさいので仕方なく、千里眼の術を使ってみることにしました。

WARUKO達は一生懸命、WARUKO1号に意識を集中させました。
「WARUKO1号、にゃにしてる……WARUKO1号、にゃにしてる……」

そしてWARUKOの目に見えて来たものは……

「ヨヨヨ、ヨーダ!?」
何と!WARUKO1号は、あのスターウォーズのヨーダみたいに、ちっこくて妙な生き物と一緒にいるではありませんか!
「違うよ、WARUKO! 私が一緒にいるのは、ヨーダなんかじゃなくて……」

「人間の赤ちゃんだよ!」
WARUKO1号は、テレパシーでWARUKO達に説明しました。
実はWARUKOpapaの妹が、元気な男の子を無事出産、WARUKOmama達は赤ちゃんのお顔を見に、WARUKOpapaの実家に来ていたのでした。
生まれてまだ十一日目の赤ちゃんは、ホントにふにゃふにゃのふにふにで、おかあさんとなったWARUKOpapa妹自ら、「泣き顔、ヨーダみたいだよ」と、のたまります。

「WARUKOpapaが抱っこすると、目を開けて、WARUKO1号をじっと見つめる赤ちゃん。でもまだちゃんとは見えてないんだよね。それでもそのつぶらな瞳はきらきらしていて、白目なんか透き通るみたいに蒼白くて、本当に何てピュアなんでしょう。一番最初にその目で見るものは、やっぱりおかあさんの顔なのかな。それともおとうさんの顔なのかな。

ミルクの時間になると、WARUKO1号が見つめる中、赤ちゃんは元気にゴクゴクとミルクを飲みました。
そんな赤ちゃんを見て、WARUKOmamaは思いました。
赤ちゃんは未来のかたまり。
これからどこまで大きくなるの? これからその目で見るもの、その手で触るもの、その足で歩く場所、その胸に感じること、学ぶこと、無限にあるんだよね。
そしてそんな君に注がれるおかあさん、おとうさんの愛も無限大。

一方、お留守番中のWARUKO達はと言えば、何と、WARUKOmamaが「ヨーダ」時代のアルバムを引っ張り出していました。
「WARUKOmamaにもこんな時代があったにゃんて、信じられにゃいなぁ」と、WARUKO達は赤ちゃんWARUKOmamaに興味津々。
これがWARUKOmamaヨーダでございます。
うっひゃあ! セピアなヨーダですよぉ! ヨーダ時代の写真がモノクロにゃんて、年がモロバレだ……

そしてそのアルバムの中には、赤ちゃんWARUKOmamaを肩車する、WARUKOmama父、即ち、WARUKOgran'paの姿がありました。今のWARUKOmamaよりもうんと年下の、髪も黒々としているWARUKOgran’pa……その笑顔は、もうアルバムの中にしかありません。

WARUKOmamaも、WARUKOgran'paから沢山、山ほど愛されて、夢とか希望とか期待とか、一杯、山盛り託されて、育てられたんですよねぇ。だけどWARUKOmamaは子供の頃から、やることなすこと、WARUKOgran’paを呆れさせたり、がっかりさせたりすることばかり。いい年して、未だにWARUKOgran'maとは、顔をあわせれば、くだらん口喧嘩の毎日です。きっとWARUKOgran'paは、天国で苦笑いばかりしていることでしょう。

でもね、WARUKOmamaは自分の人生、キライじゃありません。もう半分近くまで来ちゃったけれど、残されたあと半分の未来、大事に生きて行きたいな。だって折角WARUKOgran’pa&gran’maがくれたものだから。

人生は、無から始まって無へ帰る通り道。たった一度しか歩けない。そして絶対に後戻りできない。その道程は山あり谷ありで、つらいこと悲しいことも一杯あるけど、でも花が咲いたり実を結んだり、嬉しいこと楽しいことも必ず見つかるから素敵なんだよね。だからWARUKOmamaが思うに、「通り道」は、長ければ長いほどいいような気がします。だって「素敵」に沢山出逢えるから。その為には、WARUKOmamaもそろそろ天国のWARUKOgran'paを呆れさせるような、無茶無理無謀は控えなくちゃにゃあと思います。
残りの人生、できる限り沢山の「素敵」を……

世界一大事な家族と一緒に、
分け合えるように。

WARUKOpapa妹の赤ちゃんへ。
君も歩き出すんだね。世界一君を愛してくれる、おかあさんとおとうさんと一緒に。君の前には、まるごと未来の、とっても長い道がある。
体、健やかに、心、あったかく、笑顔、たっぷりに、大きくなって行ってください。

今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る