ロゴ

4月16日のWARUKO
「春色一杯」

  きれい好きWARUKOが尻尾をぺろぺろしていると、「WARUKO!WARUKO!」と、声がしました。

「ん? 誰だにゃん?」 

その声は窓の方からします。

早速WARUKOが窓から外を見てみると、玄関先で……

テラコッタにゃんこのテラコ1号が言いました。
「WARUKOmama日記を読んで下さってる方々に、春のお花達をお届けしたいにゃん!」

「そう言えばお庭にはお花が一杯だにゃん! じゃあ、テラコ一号、お花と一緒に、テラコきょうだい達も紹介すればいいにゃん!」と、WARUKOは春の太陽を浴びているテラコ一号に言いました。
にゃんと、WARUKOmamaんチには、テラコッタにゃんこが五匹もいるのです。

「こちら、玄関先のパンジーと一緒にいるのは、双子のテラコッタにゃんこ、テラコ4号と五号でございますにゃん」
テラコ1号が紹介すると4号達はペコリと頭を下げました。

「そしてこちらはテラコ3号。この子は仔猫にゃので、ワイルドストロベリーのちっちゃなお花と一緒が似合います。今年もイチゴちゃんに出逢えるのが楽しみ!」

「そしてテラコ3号の頭の上には、ヤマブキやシロヤマブキもまさに今が盛りで、とっても綺麗に咲き乱れておりますにゃん」

WARUKOはテラコ1号の花案内を満足そうに眺めていましたが、ハタと気づきました。
「あれ? そう言えばテラコ2号は? いつもテラコ1号と一緒にいるテラコ2号はどうしたの?」
WARUKOが問いかけると、テラコ1号は口ごもりつつ、言いました。
「あ、あのね……実は……」

  「にゃにぃーーーーーーーーーーッ!」
WARUKOはテラコ1号の話を聞いてぶったまげました。
「大変だ! にゃんで先にそれを言わにゃいの!? おハナよりもおミミじゃん!」

「わかった! WARUKOpapaに任せなさい!」
と、WARUKOから、テラコ2号に起きた大変なことを聞かされたWARUKOpapaは、WARUKOの手をギュッと握りしめて言いました。
テラコ2号に起きた大変なこと……それはにゃんと、テラコ2号のお耳が……

とととと、とれちゃってたんですぅ!
テラコきょうだい達はテラコ2号のとれちゃったお耳を、随分長いこと探し回ったけど、どこにも見つからなかったのだと言います。

「WARUKOpapa、ホントにテラコ2号のお耳は治せるの?」
心配そうに聞くWARUKOに、WARUKOpapaは言いました。

「大丈夫。これを使って治してあげるからね」
WARUKOpapaが出して来たのは、雨風日光にさらされても大丈夫なパワフルパテ。外壁修理のときに大工さんが置いて行ったものでした。

「色は違っちゃうけど、でもお耳がないよりいいもんね」と、WARUKOpapaはテラコ2号のお耳を治し始めました。

そんなWARUKOpapaの手元を、心配そうに見守るWARUKO。
そして数十分後。

ジャーン! テラコ2号には無事、立派なお耳がくっつけられたのです。

「ホントに、よかったね、テラコ2号」
WARUKOはお耳のくっついたテラコ2号に優しく声をかけました。
「これで明日からまた、テラコ1号と一緒に春を楽しめるにゃん!」

そしてテラコ2号は、テラコ1号と共に、パンジーにチューリップ、ムスカリが咲く、春色真っ盛りの花壇に戻ることができたのです。

そんなテラコ達がいる春の花壇にWARUKOも大満足。
すると、「WARUKOpapaが手先の器用な人でよかったね!」と……

バランスボールでボヨンボヨンを始めたWARUKOmamaが言いました。
WARUKOmamaは夏に向けて、一応地道に、ボヨンボヨンを続けていたのです。(バランスボール話は、前回のお話にあるにゃん)
するとそれまでテラコ達にとっても優しい目を向けていたWARUKOの目が……

突然、キランと光り、BLACK WARUKOに変貌、そしてポロッと言いました。
「WARUKOmamaの贅肉も、WARUKOpapaに彫刻刀で、ナイスバディに削って貰えたらいいのににゃん」

……WARUKOのおっしゃる通りです。ホントにそうできたらどんなにいいか……なんて、WARUKOmama、真剣に思ったりして。
春色一杯の季節に、ボヨンボヨンしながら、こんなこと思えるのは平和で幸せな証拠です。
しかしながら……

同じ地球上に、平和な故国を飛び出して、破壊と不毛の地に身を投じている、丸腰の人達もいるんですよね。命懸けで平和のために努力したり、真実を伝えようと活動している彼らは、本当に地球愛溢れる地球人だと思います。決して犠牲になってはいけない人達だと思います。
どうかどうか、彼らが皆、無事に春色の故国に戻れますように。
そして、いつかきっと、絶対に、地球上全てが、平和の春色一杯に溢れる日が来ますように。
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る