ロゴ

5月11日のWARUKO
「人は見た目?」

  WARUKOpapaが「おむすび」を作ってくれました。
「おむすび」は、WARUKOpapaがプリッツとか、エンゼルパイとか食べたあと、その空き袋で作ってくれるおもちゃです。細く折り畳んで、キュッと結んであるから「おむすび」。

WARUKOはおむすびをハグハグするのが大好き。
ハグハグして遊んでいたら、家ではいっつもスッピンで、ジャージ姿のWARUKOmamaが、お化粧を始めました。


これはお出掛けに違いない! WARUKOがそう思った瞬間、WARUKOpapaが言いました。

「WARUKOもおむすび遊びはそれくらいにして、分身の術を使って、WARUKO1号に乗り移っときなさい」

分身の術使うってことは、WARUKOも一緒にお出掛け決定だ!WARUKOはワクワクしました。分身の術を使ってお出掛けするのは、後楽園ホールにプロレスを観に行って以来のことです。


ウィークデーの昼間だったから、電車がすいてて、WARUKOmamaはWARUKO1号を堂々と座席に座らせてくれました。

電車の窓から外も見たよ。天気がよくて、すごーく気持ちがいい!
そして着いたところは!

ジャーン! 東京ドーム!
でも野球を観るんじゃないよ。
やっぱりWARUKOmamaとWARUKOpapaはプロレスにゃんだな。


プロレス会場にはいろんな人が来ていて面白い!プロレスラーのTシャツ着てる人や、マスクマンのマスク被ってる人までいる!


でもね、WARUKOmamaは席に着くなり、ちょっとゴキゲンナナメになっちゃったんです。大好きなプロレス観るのに何でかと思ったら、真ん前が通路の席で、すぐ右側に上の席に行く階段がある。
だから、遅れて来た人達が、わんさか目の前を通るのです。ちゃんと急ぎ足に身体をかがめて通ってくれる人もいるんだけど、歩きながら試合を見て、トロトロしてる人もいる。そうすると試合が見えないから、WARUKOmamaはトロトロしてる人がいるたんびに、早く行って下さい!と叫んでました。

大抵の人は、「すみません!」と、すぐに急ぎ足になってくれたんだけど、いたんだな。ヤなヤツが。「オレ達、結構、ワルだよ」的ハードロッカーファッションの、若者カップル。WARUKOmamaが早く行って下さいって言ったら、「ンなに怒ンなよ」と言いながら、WARUKOmamaの前をトロトロ。そして、階段の方へ行ったら「ウゼェんだよ!」と捨てぜりふ。

そのとき! 
WARUKOpapaはパッと階段の彼を見た。彼と目と目が合った!

そして休憩時間。
何と。「オレ達、結構、ワルだよ」的ハードロッカーカップルが、WARUKOpapaに礼儀正しく、「さっきはすみませんでした……」と謝りに来たのです。

この豹変ぶりは一体なぜ!?

WARUKOが思うに、理由はWARUKOの大好きなWARUKOpapaのはげあたま。
ホントにWARUKOpapaは、そのはげあたまのせいで、「結構、ワル」どころじゃなく、「相当、コワイ方」に見えるのです。だから、「オレ達、結構、ワルだよ」的ハードロッカーカップルは、ヤバイお方のお連れさんに噛みついちゃったと、ビビってしまったに違いありません。

よく若者は言います。「見た目で判断すんなよ」
でも、「見た目で判断」しちゃったのは、若者の方でした。
WARUKOpapaは、ハゲちゃったから、ええい、それならば潔く剃ってしまえぇ! と剃っちゃってるだけで、決してコワイお方ではありません。


WARUKOpapaの方こそ言いたいです。
「見た目で判断すんなよ……」
そうだよね。WARUKOpapaだって、好きではげちゃったんじゃにゃいのにさ。WARUKOのために、おむすび作ってくれる優しい人にゃのにさ。
WARUKOは大好きなWARUKOpapaのはげあたまをペロペロして、慰めてあげました。


そしてお鼻にチュッとキスしてあげました。これをWARUKO家では「ハナハナチュッチュ」と呼んでいます。

でもさ、WARUKOmamaは思うんだけど、人を見た目で判断しちゃうのはある程度、しょうがないよね。お巡りさんのカッコした暴走族はいないし、ハードロッカーのカッコしたオペラ歌手もいないもん、普通。でもだからこそ、「見たまんま」じゃない人が素敵です。

茶髪でライダースジャケット着て、津軽三味線を弾く方なんて、すごく粋です。ドーベルマンが似合いそうなプロレスラーが、実はにゃんこ好きで、にゃんことにゃんこ言葉で喋るの、とってもカワユイです。だから、礼儀正しいハードロッカー、中々よろしいんでない? 

WARUKOmamaは、「え!? 料理、やるんですか!?」と言われて、「主婦ですから」と胸をはるのが大好きです。そしてWARUKOは……

身体はぶっといけど、神経はか細いよ。
そんでもって、顔はちっちゃくてこんにゃにカワイイんだにゃん!
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る