ロゴ

5月21日のWARUKO
「初めてのメルトモ」

  WARUKOが最近はまっているもの……それはメールです。にゃんとですね!
WARUKOにも初めてのメルトモができていたのです!しかも男の子! *^_^*

  彼はすず丸君という紙粘土にゃんこです。すず丸君は、すず丸君ママと一緒にWARUKOmama日記を読むようになって、WARUKOのことが大好きになったのだそうです。
WARUKOの方もすず丸君が大好きになり、よく相談事を持ちかけるようになっていました。

WARUKOには仲良しきょうだいのA号とB号、そして分身達、1号から4号までの家族がいるけど、(きょうだい誕生話は去年の9月26日分身誕生話は、去年の4月19日の日記にあるにゃん)あのコ達に相談すると、意見がバラバラで、しっちゃかめっちゃかの大騒ぎになっちゃうし、メルトモだからこそ話しやすいってこと、ありますもんね。

そして今日もWARUKOはすず丸君に、一生懸命相談メールを書いていました。
「今日、mamaが真っ黒な装いで、出掛けて行ったんです。ああいうカッコしてお出掛けした日は、いつも落ち込んで帰って来ます。mamaを元気づけるにはどうしたらいいかにゃあ……」
WARUKOはすず丸君に問いかけました。

「う〜ん……どうしたらいいかにゃあ……」
WARUKOからのメールを読んだすず丸君は考え込みました。

「う〜ん……う〜ん……」
すず丸君がWARUKOの為に一生懸命考えてくれているとき、WARUKOもまた……

「う〜ん……う〜ん……」と、すず丸君とおんなじカッコで悩んでいました。
それにしても、やっぱり気がかりなのは、今のmamaの様子です。WARUKOは千里眼の術を使って、mamaの居場所を見てみることにしました。

意識を集中して……
「mamaは一体どうしてる……mamaは一体どうしてる……」
そしてWARUKOの心の目には、mamaの姿が見えて来ました。
黒いカッコの人たちがうじゃうじゃいる中、mamaは初老の男性の遺影に向かって手を合わせ、心の中で呟いていました。
「さよなら……クソジジィ……」
クソジジィと言ったその瞬間、mamaの目頭が突然熱くなったのをWARUKOは感じ取りました。

うーん……こりゃあちょっと重症かもしれないにゃあ……
やっぱりメールチェックして、すず丸君のご意見を聞かなくちゃ。

  WARUKOはにゃんこだから、「マウス」の扱いはお手の物。
そしてすず丸君からは、とってもステキなアイディアが送られて来ていたのです!
流石、すず丸君! 
WARUKOは、mamaが帰って来るなり、すず丸君が立ててくれた「mamaを元気するぞ大作戦」を敢行しました。

まずは作戦その1。
メッチャかわいいカッコで「お帰りなさい」を言う。
そしたら絶対にmamaはWARUKOを抱っこするから、そこですかさず作戦その2。

  WARUKOの方からmamaにハナハナチュッチュをしてあげる。そしてシメの作戦その3。

「mamaのたってのお願い、きいてあげるにゃん!」とウインクして言う。
実はね、mamaからいつもお願いされてたけど、WARUKOがイヤがって逃げ回ってたことがあるんです。
それは……

  mamaと一緒にバランスボール!(バランスボール話は3月27日の日記にあるにゃん)
つらいときや悲しいときは、じっとしてないで体を動かした方がいいんだにゃん!
すず丸君はホントにいいトコに気付いてくれました。

帰って来たばっかりのmamaは、やっぱりちょっと凹んでたけど、でもWARUKOと一緒にボヨンボヨンするウチに、いつもの脳天気な表情が戻りました。
いつまでもジメジメジトジトグシュグシュしててもしょうがないもんね。

この日、mamaが出掛けた先は、ある人を偲ぶ会でした。彼は十年前にmamaが一緒に仕事をしていた人で、mamaよりも三十近くも年上。ジェネレーションギャップもあって、ことごとく意見が食い違い、「俺のこと、クソジジイとか言って、陰口叩いてるんだろ」と言われれば、「はい、叩きまくりです」なんて、冗談半分、マジ半分で言い返したものでした。最後の最後まで、彼と意見が合うことはありませんでした。どうしてこんなにも合わないのか、笑っちゃうほど、ものの見方も捉え方も、感じ方も考え方も違いました。
あれから十年の歳月を経た今のmamaが彼と仕事をしたなら……きっとあのときほどの衝突はなく、もっと円滑に仕事を進められたのではないかな……なんて、あり得ない「もしも」を空想してしまいます。
でもね、やっぱりあの頃のmamaが、あの頃のあの彼に出逢えたことが、mamaにとってはよかったんだと今は思えます。とっても狭かったmamaの視野やキャパシティーを、グイッとこじ開けるように広げてくれたのは間違いなく、あの頃のあの彼なのだから。
彼のことは、当時の仲間と会うたびに思い出し、悪口で盛り上がります。憎まれっ子世にはばかると言うけれど、憎まれジジィ、記憶にはびこってます。
ホント、しぶといよ、クソジジイ。だけど皆、あなたと過ごした時間を、ムカツいたけど、大事なものだったと、じんわり思ってるよ。だからやっぱり、今は感謝の気持ちがじわじわ沸いて来るよ。なので心の底から叫んじゃう。
「ありがとう! クソジジィーーーーーーーーーッ!」

WARUKOと一緒のバランスボールのお蔭で、ジメッとしていた気持ちを汗と共にカラッと流すことができたmamaは、「ありがとぉ! ムギュッ!」とWARUKOを抱きしめると、一人でさっさとお風呂場へ行ってしまいました。
残されたWARUKOはと言えば……

  papaの腕の中でバタンQです。
すず丸君の立ててくれた作戦は大成功。だけど運動が大の苦手なWARUKOはクタクタのヘトヘトのボロボロです。

そんなWARUKOを見つめ、papaは言いました。
「mamaの為にありがとう、WARUKO。すず丸君にも、明日ちゃんとメールを書いてね。君達はホントに人の心を癒す天才だよ」
「でもにゃあ……もうちょっとほっといて、おとなしメなmamaでいてくれても、よかったかにゃあ……」
WARUKOは溜め息まじりに言いました。
風呂場から、mamaのとてつもなくでっかく威勢のいい、オンチな歌声が聞こえます。
「♪ 燃やせ燃やせ、怒りを燃やせ! 走れ走れ、明日へ走れ! 怒りの炎が、天を突き破る! 廃墟の中から立ち上がれ、ライガーッ!」
プロレスラー、獣身サンダーライガーの入場テーマ曲でした……。

そのやかましい歌声もジャマにならないほどに疲れ切っていたWARUKOは、papaの腕枕の中で、いつしか眠ってしまいました。
すず丸君に、「作戦大成功!」と、お礼 メールを書いてる夢を見ながら……。


※ Special thanks to SUZUMARU & SUZUMARUmama,Touo-san.(^o^)&m(__)m&V(^0^)
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る