ロゴ

7月2日のWARUKO
「同窓会」

  mamaのいない夜は平和です。mamaがいると、やたらめったらWARUKOをダッコしちゃあ、ムギューッしてクンクンして、強制的ハナハナチュッチュしたり、肉球をぷにゅぷにゅさわったり、WARUKOはいい迷惑なのです。
その点、papaはにゃんこ心をよぉくわかっています。一人で物思いにふけったり、ぼんやりしたりする、WARUKOにとって、とっても大事な時間を、決して邪魔したりはしません。
でもね、折角mamaがいないっていうのに、大事なぼんやり時間を満喫していたWARUKOの足元に、うじゃうじゃと集まって来たのが……

  WARUKO1号から4号までいるWARUKOの分身達です。(分身達の詳しいお話はこちら
「ねえ、WARUKO! mamaは同窓会に行ったんだにゃん!?」
「にゃんで、分身を誰も連れて行かなかったんだにゃん?」
「ねぇ、にゃんで?」
「にゃんでなの?」
「うるさいにゃあ……お出掛けだからって、必ずmamaが分身を連れて行くとは限らないんだにゃん!」
WARUKOはめんどくさそうに答えました。

「でもさぁ! 帰り、遅過ぎにゃい!?」
「もう電車にゃいよ!」
分身達は、WARUKOのぷくぷくポンポンの上を這い上がり、うるさく騒ぎ立てました。
「ねぇ。mamaがにゃにしてるか、千里眼の術で見てみようよぉ!」

「ねぇってば、WARUKO!」
分身達は、とうとうWARUKOの首のところまで這い上がって来て騒ぎます。
「うるさいにゃあ……見たければ自分達だけで見ればいいにゃん。WARUKOはmamaが外でにゃにをしようが、知ったこっちゃにゃいもん!」

WARUKOのこの冷たい言葉に、分身達は固まってしまいました。

「聞いた!?」
「聞いた」
「もうWARUKOなんて、ほっといて、私たちだけでmamaの様子、見てみるにゃん」
「そうだにゃん! そうするにゃん!」
分身達は、輪になって意識を集中し、mamaが何をしてるのか、見てみることにしました。
そしたらば、まぁ、にゃんとにゃんと、mamaったらば、にゃんとぉ!

「見た!?」
「見た!」
「これはやっぱりWARUKOにも教えてあげた方がいいんじゃにゃい!?」
WARUKO1号は、WARUKO2号に言いました。そして分身達を代表して……

WARUKO2号がWARUKOに報告することにしたのです。
「ねぇ、WARUKO、mamaったらね! 男の人に抱き抱えられてたにゃん!」

「え!?」
これはさすがのWARUKOも聞き捨てなりません。
「ねぇ、同窓会って、アヤシくて、アブナかったりするんじゃにゃい? 昔の彼と焼けボックイとか!」
WARUKO2号は心配そうに言います。
「まさか、その男の人と二人きりだったの!? 他の同級生達は!?」
「あ、他の人も一杯いたけど……」

「にゃんだ……それなら大丈夫だよ。ああびっくりした!」
WARUKOはホッと胸をなで下ろしました。
でもにゃんでmamaは男の人に抱き抱えられてたんだろう……やっぱりちょっとアヤシくてアブにゃいかも……。

心配になったWARUKOは、真っ暗な窓の外を見つめながら、mamaの帰りを待ちました。
そんなWARUKOのことなんか、全然知ったこっちゃないmamaはその頃……

  カラオケで昭和の名曲、「木綿のハンカチーフ」をデュエットしていました。
mama世代にはとっても胸キュンの歌。
一年半ぶりの高校の同窓会は、時間なんか吹き飛んじゃうほど、楽しくて、賑やかでした。

mamaの同級生たちは滅多に会わないのに、とても仲がいいんです。殆ど皆結婚してて、子供もいるのに、お店を移動するときなんか、男女関係なく、肩組んだり、腕組んだり、手をつないだりしちゃえるんです。
大学のときの友達とは、そんなことしたことないなぁ。何で高校のときの同級生とは、あんなにあっけらかんと、あけっぴろげにできるんだろう。
「今から積立貯金して、私たちだけの老人ホーム、作ろうよ」なんて、高校生の子供がいる子が言い出して、「よっしゃ。俺に任せろ。俺が建てる」なんて一級建築士の子が胸を叩いたりして。
それにしても、「高校生の子供がいる」って、すごいことだよねぇ。
だって、私達が高校生だったんじゃん。
大人に反発したり、反抗したりするくせに、早く大人になりたくて、背伸びしたり、知ったかぶったりしてたよね。
人はいつ「大人」になって、いつ「子供」でなくなるんだろう。思春期のあの頃は、オトナとコドモの間の、何てぶっとい「境界線」なんだろう。ガキなのに、おとなびた部分もあって、でも絶対に大人じゃない。そんな不安定な季節に出逢って、相当こっぱずかしいコトしてたのをお互いに知ってるから、大人になった今、恥ずかしさも照れもなく、肩組めたりするのかなぁ。
きっと、出逢った時代が、友情の質を決めるんですね。
そう言えば、イマドキの高校生は、「友達、何人いるの?」って聞かれると、「二百人」とか「三百人」とか、携帯に電話番号を登録してある人数を答えるそうだけど……友達は数じゃなくて質だよね。その中から、一体何人が「一生の友達」に育つのかな。「友達作り」って、本当に大切な、若いときの「仕事」だと思います。

一方WARUKOは、ひたすらmamaの帰りを待っていました。空はもう白んできて、花壇のベゴニアの花の色が、浮かび上がっています。
「まったくもう、mamaったら、一体いつ帰って来るんだにゃん? まさか男の人と二人きりになんかなってないよね……」
WARUKOは心配で眠れません。
そして漸くmamaが帰って来たときは、もう既に……

  すっかり朝になっていました。

「ん!? にゃんか、ヘンだ……」
WARUKOは窓越しに、mamaの歩き方を見て思いました。
すんごい変な歩き方をしていたのです。

実はね、mamaは久々に厚底サンダルなんて履いてっちゃったもんだから、酔っぱらって、とてつもない転び方をしちゃったんです。
転んだ瞬間、痛くて自分一人で立ち上がれません。で、男子の同級生が二人がかりで、抱え上げてくれたんです。(何しろ重いからねぇ〜(^^;;;)
そして左足首捻挫、右膝打撲。

  あ〜あ。見るも無残な右膝。腫れちゃって、痣になっちゃって。高校生の頃と違って、新陳代謝が悪いからなぁ。治るのに相当かかりそう。

「うわぁ、こりゃひどいにゃあ!」
分身達もmamaの膝を見て、可哀相になりました。

  「自業自得だにゃん。ハメ外しすぎ」
と、WARUKOはちょびっとBLACK WARUKOが入って、意地悪を言ってみたけど、でもあまりにも痛そうなmamaのお膝を……

ペロペロして、WARUKO流「イタイのイタイの飛んでけ〜!」をしてあげました。
「ありがとねー! WARUちゃあん!」
mamaはすぐさま、WARUKOをダッコしてムギューッして来ました。

  「ウゲェ……グルジイ……ソレはしにゃくていいんだけどにゃあ……」
そしてmamaから逃げ出したWARUKOは……

大好きなpapaのはげあたまで、お口直し。
う〜ん! やっぱりpapaのはげあたまはおいチいにゃん!
mamaのお膝の百倍おいチい にゃん!

今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る