ロゴ

7月17日のWARUKO
「破壊王の穴ボコ」

  「あっちぃにゃあ……」
夏だと言うのに、毛皮を脱げないWARUKOが、暑さの余り、ボテーッとソファにひっくり返っていると、そこへ……

仲良しのねずちゃんがやって来て言いました。
「WARUKO1号の様子がおかしいんだっちゅ。何かあったに違いないっちゅ」
WARUKO1号はWARUKOの分身です。だから実はWARUKOも、WARUKO1号が元気のないことに気づいていました。

「ねぇ、WARUKO1号、一体にゃにがあったの?」
WARUKOはWARUKO1号に聞いてみました。するとWARUKO1号は、信じられない、あり得ない、悪い冗談としか思えない話をしたのです。
何と、あの「破壊王」の異名を持つプロレスラー、橋本真也さんが、急逝したと言うんです!

WARUKO1号がショックを受けるのは当たり前……だってWARUKO1号は、橋本選手に直接会ったことがあるんです! (そのときのお話はこちら・2003年、11月9日24日
mamaの手のひらにのっかってるWARUKO1号に、橋本選手は優しい目を向けてくれました。その橋本選手が亡くなっただなんて……いなくなっちゃったなんて……。

「うそだ……そんなこと信じられにゃいよ……」
WARUKOも呆然となりました。だってWARUKO自身も、橋本選手が大好きだったから……。
肩の手術をして、リハビリに励んでいた橋本選手。秋にはリングに復帰するって、断言してたのに……ファンの皆はその日を心待ちにしていたのに……。

「そうだ! いいこと考えた!」
WARUKOはどっこらしょと起き上がり、あるものを取りに行きました。それは……

橋本選手の試合が収録されたビデオ! mamaもpapaもプロレスが大好きなので、WARUKO家にはこの他にも沢山のプロレスビデオがあるんです。
WARUKOは橋本選手のお葬式には行けないから、せめてビデオを観ながら、橋本選手のご冥福をお祈りしようと思ったのです。

早速スイッチオン。
数あるビデオの中から、WARUKOが選んだのは……

1997年5月3日、大阪ドーム大会。あの柔道王、小川直也選手との、チャンピオンベルトを賭けた試合でした。

その日、橋本選手は敢えてベルトを腰にまかず、肩にかけて入場して来ました。

実はこの試合の一カ月ほど前、橋本選手は小川選手のプロレスデビュー戦の相手を務め、何と、チャンピオンという立場でありながら、負けてしまったのです。小川選手に勝たなければ、真のチャンピオンとは言えない……ベルトを腰にまくことはできない……彼のそんな必死で真剣な思いが、ひしひしと伝わって来る入場シーンでした。

WARUKOは「破壊王」のキャップを被り、リングで闘う橋本選手の姿を見つめました。彼にとって、絶対に負けられない試合。必ず勝って、真のチャンピオンであることを証明しなければならない試合。

そしてこの日、橋本選手は小川選手にTKO勝ち。見事、ベルトを防衛したのです。
九回もベルトを防衛し続けた橋本選手は、本当にベルトの似合う、強くて逞しいチャンピオンでした。記録を残し、記憶に残る、素晴らしい選手でした。

WARUKOにはまだ信じられません。あの橋本選手がもういないなんて……。
mamaにも信じられません。あの橋本選手がもう二度とリングに帰って来ないなんて……。

テレビのニュースやワイドショーで、彼の葬儀の様子が伝えられ、mamaの目には涙が溢れました。この涙は、mamaにとって、生まれて初めてのものです。
それは「ファン」としての涙。今までウン十数年、生きて来て、mamaがファンになった人は数知れず。でも皆さん、まだ健在でご活躍です。mamaより年上の方で言うならば、アラン・ドロンもKISSも新御三家も千代の富士も……。
それなのに、mamaより年下の、まだまだこれからだった橋本選手がいなくなった……何とも言えないこの喪失感……寂寥感。勿論、肉親や恩師、友人を失ったときの涙や哀しみと比べることはできないけれど、でも、やっぱり心に穴ボコ空いちゃった感じです……。
生きてると、心にいろんな種類の穴ボコが空くんですね。その穴ボコは、決して元通りに埋まることなんかなくて、何かにつけてシクシク痛む。そして穴ボコは決して減ることはなくて、増える一方なんだけど、それでも人は、痛む穴ボコ抱えて生きてかなきゃならない。こう考えると、生きるのって、やっぱり大変なことです。
だけどね、一杯穴ボコが空くってことは、一杯いい出逢いがあって、一杯人を好きになって来たってことだから、きっと穴ボコのない人生よりも、うんといい人生なんだと思います。
mamaは、橋本選手のファンになって、一杯感動を貰えたこと、ホントによかったと思います。

これは、橋本選手がリングインするときに、必ず締めて来る、長くて真っ白のハチマキです。リングアナウンサーのコールのあと、彼は殆ど、毎回、ハチマキを客席に投げるのですが、これはmamaとpapaが後楽園ホールに観戦に行ったとき、GET!したもの。まさにWARUKO家のお宝です。

橋本選手、本当に沢山の感動と思い出をありがとう。あなたに会いたくなったら、mamaは山ほどあるあなたのビデオを観ます。そしてきっと一生、あなたのファンでい続けると思います。

mamaが橋本選手の穴ボコを受け止めて、元気を出そうとしているのを見たpapaは、WARUKOを抱き上げて、そっと耳元で言いました。
「ねえ、WARUKO、アレ、mamaにやってあげなよ」
papaに言われて、WARUKOはmamaのところへ行き、そして……

mamaの大好きなハナハナチュッチュッをしてあげました。
「mama、WARUKOもずっとずっと橋本選手のファンでいるよ。これは約束のハナハナチュッチュ!」
「ありがとう、WARUちゃん!」
mamaはWARUKOがいてくれることに感謝です。だってWARUKOは、いつだって、mamaの心に空いた、ありとあらゆる穴ボコを癒してくれるから。


天国の破壊王、橋本選手へ。

破壊王の名の通り、あなたはあなたのファンの心に、本当に大きな穴ボコをあけました。でもだからこそ、あなたはきっと、死にません。なぜなら、ファンは決してあなたを忘れないから。沢山のファンの記憶の中に、生き続けるから。
本当に沢山の、夢と勇気と感動をありがとう。心から、ご冥福をお祈りします。
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る