ロゴ

8月7日のWARUKO
「お泊まり旅行パート2」

  WARUKOは分身の術を使ってWARUKO1号を分身させ、WARUKOmamaとWARUKOpapaの九州旅行に同行させました。

「ねえねぇ、千里眼の術を使って、WARUKO1号が何してるのか、見てみたら?」
皆が旅行中、退屈そうにしていたWARUKOに、お遊び相手のネズコが言いました。

「千里眼の術ねぇ……」
WARUKOはまだ一度も千里眼の術を使ったことがありません。でも試しに気持ちをWARUKO1号に集中してみました。

「WARUKO1号、にゃにしてる……WARUKO1号、にゃにしてる……」
すると突然、WARUKOの頭の中に、WARUKO1号が現れました。

にゃんとWARUKO1号は、綺麗な羽を広げた孔雀さんに歓迎されていました。
WARUKO1号は、WARUKOmamaとWARUKOpapaに連れられて、熊本は阿蘇にある動物園に来ていたのです!

ここの動物園の動物たちは、本当におとなしくて人懐っこいから、檻なんてないもおんなじなんです!
ほら、ワラビーの仲良しきょうだい! こんな近くに行っても全然平気!

ワオキツネザルってお猿さんなんか、WARUKO1号のお耳を甘噛みしたりして、親愛の情を見せてくれました。

大きなカメさんの背中に乗って、園内のお散歩もしたよ!

「はぁ……いいよなぁ、WARUKO1号は……」
と、WARUKOが溜息をついた次の瞬間!

WARUKOはオドロキの余り、目が陥没してしまいました。
だってWARUKO1号ったら!

  か、か、か、怪獣と一緒にいるぅ!
と思ったら、今度は……

も、も、猛獣と一緒にいるぅ!
ひぇ〜〜〜!
逃げなさい、WARUKO1号! 食べられちゃったらどうするの!
でもWARUKO1号は全然へいちゃらでした。
だって、いざとなれば、WARUKOpapaが助けてくれるもん。

そりゃそうだけどさ……
余りにも無鉄砲なWARUKO1号に、WARUKOは腰が抜けちゃって、椅子からずり落ちそうになりました。だって本物WARUKOは、ホントに怖がりで人見知りで、弱虫なんだもん。


そしてその日のお夕食。
WARUKO1号は馬肉料理の専門店に来ました。
流石九州は熊本です。馬のタテガミやらレバーやらハツまでお刺身で頂けるんです。

そしてモツの味噌煮込みにヒモ肉の串焼き!

更には、熊本でも滅多に手に入らないと言う、馬肉の特選大トロ部分の軍艦巻き!
う、うまそう〜〜〜

それに生ビールもヒエヒエだぁ!

ヒエヒエって、ヒェ!? ヒエヒエヒエーーーーーーーッ!? 
ま、まさか、WARUKO1号! 
あんたってば、にゃんこのくせに、お馬さんを食べる気!? ビールなんかも呑む気!?
慌てふためく本物WARUKOでしたが、気がついたときには……

本物WARUKOもい〜い気持ちになっちゃってました。
所謂、ホロ酔いってヤツです。
分身WARUKO1号がビールを呑んだせいで、本物WARUKOまで酔っぱらいが伝染しちゃったのです。

ひゃ〜〜〜……にゃんて気持ちええんでしょ。
本物WARUKO手足ばらんばらん、ぐでんぐでんの酔っぱらいになってしまいました。

そして酔っぱらいWARUKOは、その夜、そのままデレーーーーーーーッと眠ってしまいました。

翌日の夜遅くに、WARUKOmama達は帰って来たんだけど……

「WARUちゃーん! ただいまぁ! どこぉ!?」
玄関に入って来るなり、大声を出したWARUKOmamaを、WARUKOは迎えに出る気にもなれませんでした。
「勘弁して……お願い……静かにして……一人にして……」

なぜならWARUKOは二日酔いなんかしちゃってて、頭痛いったらなかったのです。
勿論、そんなこと全然知らないWARUKOmamaは、WARUKOを見つけるなり、ダッコして、ムギューッして、クンクンして来ました。
「会いたかったよぉ、WARUちゃーん! ごめんねぇ、ひとりぼっちにしてぇ!」

三日ぶりの再会に、WARUKO溺愛mamaのムギューッにクンクンは、暴走しちゃってとまりません。
ここはやっぱり、どんなに二日酔いで頭痛くても、帰って来てくれて嬉しいよってな顔してあげないと、WARUKOmamaが可哀相かな……

そう思ったWARUKOは、WARUKOmamaの為に、とびっきりかわいい顔を作りました。
WARUKOはホントにWARUKOmama思いのにゃんこなんです。

そしてその夜、WARUKOはWARUKOmamaに抱っこされて、眠りました。
いつも一緒にいると、めんどっちぃ、コイツ! にゃんて思うこともあるけど、やっぱり一緒にいてホッとできるのは大好きだからだよね。家族だからだよね。
「やっぱりウチが一番いい!」
旅先から帰ると、「おばさん」が必ず言ってしまう言葉を、WARUKOmamaも気がつけば口にしてました……うわッ……ヤバッ……まだまだ「おねえさん」のつもりなのにな……
でも、帰る場所が一番いいなんて、幸せな証拠だよね。
ありがと、WARUKO。WARUKOは本当にウチの癒しの元。幸せの基本です。

今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る