ロゴ

8月27日のWARUKO
「分身達の反乱」

  WARUKOが「分身の術」を使えるようになったのは、4月19日のことでした。(詳しくはその日の日記に書いてあるんだにゃん)

WARUKOの分身は一号から四号までいます。

九州旅行まで行っちゃった、WARUKO1号。お行儀よくいつもお座りしています。
WARUKO2号は、物見高くて、何にでも興味津々。
WARUKO3号は、かなりシニカルなヤツで、
何があってもケッってな感じ。
そしてWARUKO4号。おふざけが大好きで、
いつもころころ転がってます。

ホントは、とっても仲良しの分身四人組なんだけど、実はWARUKOmamaがお出掛けに連れて行くのがいつもWARUKO1号ばっかりなので、他の三人は少しごきげんナナメでした。
「私達だって、WARUKOmamaにくっついて、いろんなとこ、行きたいにゃん!」
「ずるいにゃん。WARUKO1号ばっかりお出掛けして!」
「WARUKOはWARUKO1号をえこひいきしてるんだにゃん!」
「よし。こうなったら、皆でWARUKOに直談判するにゃん!」
三人は決意しました。

「どうして私達は、WARUKOmamaと一緒にお出掛けできないんだにゃん!?」
「そんなのえこひいきだにゃん!」
WARUKOはWARUKO2号達に詰め寄られ、困ってしまいました。

「WARUKOは皆を平等に好きだよ。えこひいきなんかしてないよ。ただ、WARUKO1号は他の皆と違って、いつもお行儀よくお座りしてるから、WARUKOmamaのお供させるのにはいいと思ってただけなんだよ……」
WARUKOは一生懸命WARUKO2号達に説明しました。
でも皆、益々ごきげんナナメになってしまったのです。
「どうせ私達はお行儀悪いにゃん」
「もういいにゃん。私達が諦めればいいんだにゃん」

「ああもう、どうしよう! 困ったにゃん!
お手上げだ!」
困り果ててるWARUKOのところへ、WARUKO1号が一人でやって来ました。
「やっぱり私ばっかりじゃ、皆が可哀相。皆もお出掛けに連れて行ってあげて欲しいにゃん」

実はWARUKO1号は、WARUKO2号達が話しているのを、遠くから聞いてしまっていたのです。
「やっぱり諦めるしかないのかにゃん」
「お行儀悪いと、きっとWARUKOの恥になるんだにゃん」
「しょうがないにゃん……」
そんなWARUKO2号達の話を聞いて、WARUKO1号は胸が痛くなってしまったのです。
「にゃんとかWARUKOmamaに、他の皆も連れてってってお願いして欲しいにゃん!」
WARUKO1号は一生懸命WARUKOに訴えました。

「よし。わかったよ、WARUKO1号!」
WARUKOはWARUKO1号の気持ちがとっても嬉しかったので、早速WARUKOmamaのところへ行き……

WARUKOmamaの足元でころーんとひっくり返ってお願いしました。
「ねぇ、今度お出掛けするときは、他の子達も連れてってあげてよ」
WARUKOmamaはWARUKOの話を聞いて、にっこり頷きました。
「いいよ。でもね、四人皆連れて行くのは大変だから、誰か一人でもいいかな?」
そして今回WARUKOmamaとWARUKOpapaのお出掛けに連れて行って貰えたのは……

WARUKO2号でした。
そして連れて行って貰ったところは……

お相撲さんの町、両国です! 改札をでたらね、昔のお相撲さんのおっきな絵が飾ってあるんだにゃん!

お相撲さんががっぷり四つになってる像まであるにゃん!
そしてWARUKOmama達が向かったのはあの両国国技館!
でもお相撲を観るんじゃないよ。

ジャーン! やっぱりWARUKOmamaとWARUKOpapaは、プロレスなんだにゃん!
G1クライマックスって言う、新日本プロレスの夏の祭典にゃんだって!

優勝するとね、このトロフィーと……

それから、賞金一千万円が貰えるんだにゃん!
すごいよねぇ。出場するプロレスラー達は皆、この頂点を目指して頑張ってるんだにゃん。
そして優勝したのは……

天山広吉選手! WARUKO2号は天山選手の優勝コメントを聞いて、涙うるうるになっちゃっいました。WARUKOmamaも勿論うるうる。WARUKOpapaもね、ここ何年も天山選手に優勝して欲しいと願い続けて来たから、とっても喜んでいました。

WARUKO2号はウチに帰ると、早速WARUKOのところに皆を集めて、プロレス観戦の報告会をしました。
「『最初、ダメかと思った。でも諦めないで、頑張って、そしてここまで来れました!応援してくれた皆のお蔭です! ありがとう!』 そう言って、天山選手はオトコ泣きしたんだよ! 諦めないで頑張るって、やっぱりすごいことだよねぇ。応援して貰えるって、すごいパワーを貰えるんだよね」

WARUKO2号の言葉に、WARUKOもWARUKO1号達も、「うんうん」と頷きました。
そしてWARUKOは皆に言いました。

「あのね、皆がWARUKOmamaとお出掛けするのを諦めようとしたとき、WARUKO1号が皆を連れてってあげてって言いに来てくれたんだよ。WARUKO1号は、皆の為に後押ししてくれたの」
それを聞いて、WARUKO2号達はとっても嬉しくなりました。

「ありがとう、WARUKO1号!」
口々にそう言うWARUKO2号達に、WARUKO1号は「そんな大したことじゃないにゃん」と照れ臭そうに言いました。
WARUKOはそんな分身達の様子を見て、とってもあったかな気持ちになりました。

そしてWARUKOは、夜のお庭を見つめながら思いました。
「もういいよっ!」って投げやりになったり……
「どうせ私なんか……」ってひねくれたりしたとき、応援してくれたり、後押ししてくれる人がいるって、本当にステキなことだにゃん……

そんなWARUKOを見て、WARUKOmamaも思いました。
皆、一人じゃ生きて行けないんだよね。
WARUKOmamaも、疲れ果てちゃって頑張れないとき、WARUKOに心癒して貰ってる。
もうダメだぁって、弱音しか出ないとき、家族や仲間が励ましてくれるから、踏ん張れる。

皆応援したり応援されたりしながら頑張ってる。そりゃ頑張ってダメなときもあるよ。でも、頑張ってる最中に、応援してくれた人との絆は深まるよ。だから結果がダメでも、頑張ったことは絶対に無駄じゃないんだよね。
勿論、結果が出たときの喜びは最高だけどね。
だから天山選手、本当にG1優勝、おめでとうございます!
応援してるファンの為に、そして自分の為に、何年も頑張って頑張って、そして立った頂点。「ここが終わりじゃない。ここが始まりです!」と言ったあなたに感動です。
ありがとう!

今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る