ロゴ

9月13日のWARUKO
「WARUKOmamaの浮気疑惑」

  ヒクヒク……にゃにか匂うぞ! WARUKOの鼻は、WARUKOmamaには、にゃにかある!と感じ取っていました。
だって最近のWARUKOmamaは浮かれ過ぎてる!絶対ににゃにか怪しい。

そうだ!
WARUKOは突然ピンと来ました。
WARUKOmamaが浮かれ出したのは、パソコンを使った直後だったにゃん!

WARUKOはこっそりWARUKOmamaのパソコンの前に来ました。
ここにWARUKOmama浮かれ過ぎの謎を解明するものが入ってるに違いない……
WARUKOは考え込んでしまいました。
まさか、WARUKOmama……インターネットで、出会い系とかやってたりして……そんでもって

WARUKOpapaに隠れて、イケナイこと、してたりして……
ああ、ダメ! 絶対にダメだよ、そんなの、WARUKOmama!

次の瞬間、WARUKOはWARUKOmamaのパソコンのマウスに手を置いていました。
だってやっぱり心配にゃんだもん! WARUKOmamaがWARUKOpapaを裏切ってたりしたらどうしよう!
そう思うと、やもたてもたまらず、WARUKOはWARUKOmamaの「お気に入り」を全部覗き見ることにしたのです。

WARUKOは次々にWARUKOmamaのお気に入りを捜索、そして遂に、「それ」を発見してしまいました!

にゃ、にゃ、にゃんとまぁ!
「それ」はまさに、WARUKOmama、浮かれ過ぎの原因でした!
WARUKOは早速WARUKOの分身達、WARUKO1号〜4号を集め、「それ」を見せてあげました。

「それ」の正体とは……何と何と、なななななぁんと!
「WARUKOmama」宛のカキコだぁ!
WARUKO1号達は口々に言いました。

「見て見て、WARUKOが可愛い」って!
「日記楽しみ」だって!
「一人だけじゃないよ、そう言ってくれてる人!」
「これじゃあ、WARUKOmamaが浮かれちゃうのも無理はないよぉ!」

「まったくもう、WARUKOmamaが出会い系やってるにゃんて、失礼な想像しちゃって!」
WARUKOはWARUKO1号達に、責められてしまいました。
「ごめんにゃさい……」
WARUKOは素直に謝りました。

「謝る相手、違うにゃん! 謝らなきゃならないのは、WARUKOmamaだにゃん! お詫びに、WARUKOmamaが喜んでくれるような、とびっきりおもしろいこと、してあげなきゃ!」

「え!? と、とびっきりおもしろいことって……ンにゃこと言われてもにゃあ……」
でもWARUKOmamaに失礼なことしちゃったのは事実だし、WARUKOは必死に考えました。

うーん……とびっきりおもしろいことかぁ……どうしよう……

はぁ、困った……困ったよぉ……


ああ、もう、ダメだぁ! WARUKOmamaに喜んで貰える、とびっきりおもしろいことにゃんて、全然思いつかにゃいよぉ! ごめんにゃさい、WARUKOmama!
WARUKOは悲しくなっちゃって、溢れる涙を拭いました。そして……

椅子の上に座り込み、随分と長いこと、飲まず食わず、出さず、寝ずに悩み続けました。
悩んで悩んで、悩み続けたWARUKOはにゃんと!

そのまんま、世にも珍しい、まんまるの猫石になってしまったのです!

猫石となったWARUKOは、東京のとある「猫博物館」に飾られることとなりました。
そして「飼い主を喜ばせる為に悩み続けて石になった」WARUKOのことを、優しく撫でてあげると幸せになれる……と言う、伝説が生まれ、いつしか、「幸せを呼ぶだんごにゃんこ」と呼ばれるようになりました。

今では、「西のビリケン、東のだんごにゃんこ」と言われ、行列のできる人気スポットになっているのです。
WARUKOの名は忘れ去られても、「だんごにゃんこ」として、今日もWARUKOは沢山の人に優しく撫でられ、みんなを幸せにしてあげているのでした……

にゃんちってぇ!
あはは。ンなわけないよね。
WARUKOが石になっちゃうなんて、そんなのダメダメ!

やっぱり、WARUKOはこんなふうに、顔はちっちゃいのに、ぷくぷくのでで〜んとした、やわらかぽんぽんのにゃんこじゃないと!


それにしても、WARUKOmama日記を読んで下さっている皆様、本当にありがとうございますにゃん!
見ず知らずの方々からまで、楽しみにされてるにゃんて、本当に嬉しくて、WARUKOmamaはマジに浮かれてしまいました。
インターネットって、ステキな出逢いが沢山ありますよね。
WARUKOmamaは、あるガーデニングのニュースグループで知り合った人と、二年間のメール交換の後、直接会うことになり、今では、家族ぐるみで、お互いの家を行き来するほどの仲良しになりました。ネットがなければ、絶対に出逢う人達ではありませんでした。
一生お付き合いできるような友達を作ってくれたネットって、にゃんてステキだろうと思います。
でもその一方で、とってもダークな部分のあるインターネット。
やっぱり使い方次第、自分次第ですよね、にゃにごとも。イイこと、ワルイこと、色々あるのが世の中だし……

これからもWARUKOmamaは、世界一可愛いにゃんこのWARUKOを独り占めしちゃ罪になるので、インターネットの片隅で、日記、細々続けて行きます。(ぶるぶる御大、シスターみっふう、管理人かっきーに感謝して)
そして読んで下さる方のお顔が、ほんの一瞬でも、ニコッとなったり、気持ちがホッとなったりするような、きゃわいいWARUKO写真をお届けしたいと思います。
忙しい毎日の中、そんな瞬間って、大事だよね。そんな瞬間がないと、ホントに疲れちゃうもんね。そんな瞬間を持たないと、心はどんどんカサカサになってっちゃう。
だからこれからも、そんな瞬間が欲しくなったら、時々WARUKOの顔を見に来てやって下さい。WARUKOのきゃわいさで、ストップ・ザ・ココロのカワキ!
世界一可愛いWARUKOで、ちょびっとだけでも癒されて頂けたなら、WARUKOmamaも幸せです!

今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る