ロゴ

9月26日のWARUKO
「WARUKOの家族、今、昔」

  その日、WARUKOの分身、WARUKO1号は、WARUKOmamaとWARUKOpapaに連れられて、お寺に来ていました。

その日はWARUKOmamaのお父さんの三回忌だったのです。WARUKOmamaのお父さんってことは……WARUKOgran’paだ!WARUKOにとってはおじいちゃん!

WARUKOmama達がお寺に行ってる間、WARUKOはオウチの仏壇の前でWARUKOgran’paのことを考えていました。WARUKOgran’paもとってもにゃんこ好きな人で、WARUKOのことを何度も抱っこしようとしたんだけど、怖がりWARUKOはいつも逃げてばっかりで、一度も抱っこさせてあげられませんでした。
ちょっとかわいそうなことしちゃったかな……WARUKOはそう思い、よくWARUKOgran’paが、お庭を歩いていたのを思い出し、窓の方へ行ってみました。

WARUKOがこうやってお庭を眺めていると、WARUKOgran’paは、WARUKOに近寄って来て、「ワル公、ワル公」と声をかけて来てくれたんです。

もうその、WARUKOgran’paはいません……やっぱり一度くらい、抱っこさせてあげればよかったな……WARUKOはそう思いながら、いつしか、WARUKOgran’paと同じところに行っちゃった、WARUKOきょうだいのことを思い出していました。

それはWARUKOがまだ野良猫時代のこと……WARUKOmama達が、このウチに引っ越してくる前のことです。
(詳しくは、12月28日の日記に書いてあるにゃん)

野良猫時代、WARUKOはきょうだい達と一緒に、しょっちゅうペット禁止のWARUKOmamaのマンションに上がり込み、仲良く遊んだものでした。


楽しかったにゃぁ……
にぎやかだったあの頃……

野良猫のクセに、WARUKOpapaのお布団でお昼寝したこともあったよ。
でもね、WARUKOは大好きだったきょうだい達と、お別れしなきゃならなくなったんです……(詳しくは、1月9日の日記に書いてあるにゃん)

永遠にさよならしたきょうだいのことを思い出し、ちょっとセンチメンタル入っちゃったWARUKOは、寝室の隅っこにやって来ました。ここはWARUKOが、WARUKOmamaの抱っこ攻撃から逃げたいときや、お客様から隠れたいとき来る、WARUKOの避難場所。

WARUKOは思いました。天国で、WARUKOのきょうだい達と、WARUKOgran’paが仲良くしてたらいいな……
それにしても、もう二度とWARUKOきょうだい達に会えないと思うと、寂しいにゃあ……
皆でやんちゃやってた、野良猫時代が懐かしいにゃぁ……
WARUKOはひとりぼっちになっちゃったんだ……

そんなブルーな気持ちになってたWARUKOのことを、コソッと覗き見る二つの人影……いやいや、猫影が……

それはWARUKOmamaがうんと前に、寂しがり屋のWARUKOの為に買って来てくれた、WARUKO・A号とWARUKO・B号でした。
「そんなに寂しがらにゃいでよ。私達がいるにゃん!」
「私達は、WARUKOの新しいきょうだいだにゃん!」

「きょうだい!?」
そうでした。WARUKOはすっかり忘れていました。WARUKOのホントの家族はもう誰もいないけど、でも、WARUKOには、新しい家族がいたんだった!

ジャーン!
これが初登場、WARUKO三きょうだい。
向かって左側がWARUKO・A号、右側が、WARUKO・B号です。
「はい、それじゃ、写真撮りますよぉ! ハイ、チーズ!」

まぁ、にゃんとかわゆい、WARUKO三きょうだい!
WARUKOったら、そのぷくぷくのおなかは、まんま、ぬいぐるみと言ってもおかしくにゃい!

そしてその日、WARUKOはWARUKOきょうだいと一緒にお昼寝をしました。


仲良く三つ並んだWARUKOきょうだいのぷくぷく背中は、ホントにホントのきょうだいみたいです。
よかったね、WARUKO。本物きょうだい達はもういないけど、でもWARUKOmamaんチで新しいきょうだいができて。新しい家族ができて……

WARUKOmamaは、父の三回忌を終えて、「家族は永遠じゃない」ってことを痛感しています。最初、WARUKOmamaの家族は、両親に弟、そして祖父母の六人家族でした。WARUKOmamaが小学生の頃、祖父が亡くなり、社会人一年生の頃、祖母が逝き、そして弟が結婚、新しい家族を作りました。弟の結婚から数年遅れてWARUKOmamaもWARUKOpapaの嫁となり、新しい名字で、新しい家庭を作っています。
亡くなった父と一緒に生きてた時間よりもうんと長い時間、WARUKOmamaはWARUKOpapaと家族として生きて行くんだよね……勿論、WARUKOも一緒に。
でも今のこの家族だって、絶対に永遠じゃないんだよね。家族が欠けて行くのは、時が経てば当たり前のこと。だからこそ、「今」って大事にしなきゃいけない時間なんだよね。隣で独り暮らししてる母とは、顔を合わせれば、けんかばっかりしてるけど、けんかできる「今」が大事なんだって、そう思います。

天国のWARUKOきょうだい、そして、WARUKOmamaのパパへ。

私達は元気にやってるよ。皆の分も楽しくやってるよ。
これが、「今」の私達家族。
プロレス大好き、WARUKO一家でございまーす!(この写真を見てから、5月11日の日記を読むと、すんごい説得力だにゃん)
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る