ロゴ

9月26日のWARUKO
「金メダリストと三本足にゃんこ」

  WARUKOはパラリンピックの新聞記事を読みながら思いました。
パラリンピックの試合も、オリンピックの試合みたいに、もっとテレビでやってくれたらいいのににゃあ……選手達が身体の障害を乗り越えて、一生懸命頑張る姿や輝く笑顔は、健常者のオリンピック選手とはまた違う、心がぶるぶるしちゃうような感動をくれるのににゃあ……。

「もしもにゃんこ会のパラリンピックがあったら、きっと、あの子も選手で出てたよね」
「そうだよな。不自由そうに見えても、ちゃんとにゃんこのすばしこさ、持ってたし」
突然、mamaとpapaがそんな話を始めました。
実はね、WARUKOんチの近所に、前足が一本ない、ノラの障害者にゃんこがいたんです。三本の足でぴょこたんぴょこたん歩いてて、健常者にゃんこに比べると、明らかに敏捷さは劣っていました。でもね、そんな障害がありながら、立派に生きてるノラにゃんこに、mamaもpapaもちょっと感動していました。にゃんこ社会も人間社会と一緒で、弱い者いじめをするヤツはいるんです。にゃんこ好き人間が作ってくれた餌場に行っても、最後まで食べるの、意地悪な健常者にゃんこに邪魔されたりするんです。それでもしぶとく生きてたあの子は、ホントに強い。一度でいいから、「偉いね」って頭を撫でてあげて、写真を撮りたかったけど、障害があるにも関わらず、あまりにもすばしこくて、結局撫でてあげることも写真を撮ることもできないまま、あの子の姿を見ることはなくなりました。
きっと、太く短く逞しい、にゃんこ人生を全うしたのでしょう。

あの子に比べると、同じノラにゃんこ出身なのに、健常者にゃんこのWARUKOは本当にぬくぬくの幸せどっぷりです。こんなにぷくぷくになっちゃって、ノラにゃんこ時代の敏捷さ、精悍さは微塵もありません。

「ちょっと待って、mama!」
WARUKOは突然真剣な顔で言いました。
「WARUKOだって、オリンピック選手とまでは言えないけどね、mamaやpapaには絶対できない、俊敏、敏捷なワザがあるにゃん!」
じゃ、やって見せてと言ったmamaに、WARUKOは続けて言いました。

「オリンピックで男子体操が、団体で金メダル獲ったときの実況、覚えてるにゃん!?」
勿論、mamaはあの生中継を観ていて覚えていました。
富田選手が、鉄棒の演技のフィニッシュに見せた、新月面宙返りのときです。
「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」
いやあ、あの実況は、体操ワザとまさにピッタンコで、素晴らしかった!
「それでは、これからWARUKOも、あの実況にピッタリなワザを、お見せするにゃん!」

真剣WARUKOは精神を集中させ、そして本当にやってのけました! あの実況にピッタンコなWARUKOワザ!

「伸身の……」
……お! 確かにWARUKOの身体は真っ直ぐ伸びています!


「新月面が描く……」
……ウソオ! ホントにWARUKOったら、宙返りするつもり!? (新月面じゃないけど……)

「放物線は!」
……おお! マジで回ってるぅ!

「栄光への!」
……おおお!

「架け橋だぁ!」
……WARUKO、回り切ったぁ! そして着地は決まるか!?

  ビシィッ! WARUKO直立! 微動だにしない! 十点満点!

「決まったぁ! 金メダル! 金メダルです!」

「にゃんてね! ただ写真回転させただけだにゃん!」
と、WARUKOはペロッとベロを出して言いました。
いやあ、でもmamaはやっぱりWARUKOにあげちゃうよぉ!

  「にゃに?」
突然WARUKOの首にかけられたのは、mamaからの金メダル!

「いいのかにゃあ……ズルして金メダルにゃんて」
「いいんだよ!  WARUKOは世界一かわいいにゃんこなんだから、金メダルくらい、あったり前だにゃん!」とmamaは言いますが……。

  「うーん……」とWARUKOは考え込み、そしてやっぱり金メダルを返却することにしました。やっぱりズルして貰う金メダルにゃんて、何の価値もにゃいもん!

あ、そう言えば。
ねぇねぇ、お薬使って、金メダル獲って、剥奪って言われてるのに返さない、どこぞのお国の選手の方!
スポーツマンがそれでいいんですか?
晴れ舞台で勝ち獲るメダルの輝きは、確かに素晴らしいものです。でも、ズルして獲ったモノは、たとえそのモノが輝いていたとしても、一番大事なものの輝きが曇ってはいませんか?
あなたの心の中の金メダル。凡人には到底成し得ない努力をしてきたという、自負と誇りの金メダル。
一番大事なそれを曇らせちゃうのは、あまりにももったいなくて、悲しいよ。あなたがあそこまで行ったのは、絶対にお薬の力だけではないのだから。
にゃんこフリークなmamaにとっては、このままじゃあなた、ノラにゃんこにも劣ります。
mamaは、曇った金メダリストの記録からよりも、三本足のノラにゃんこの生きざまからの方が、一杯感動、貰ったから。


「まったく人間ってやつはしょーもにゃいねぇ……」
WARUKOは突然BLACK WARUKOに変貌し、言いました。

  「いっそのこと、お薬オッケーの、ドーピングオリンピックっていうのもやればいいんだにゃん!」
あれまぁ、BLACK入ると、WARUKOは過激です。
しかしながら、お薬先進国では、検査に出ないお薬が開発されてるから、お薬発展途上国の選手ばっかり犠牲になってる、なんて話も聞きますけど……。

でもいくら、金メダリストになるならないで、その後の人生が天と地ほど変わるとはいえ、やっぱりお薬やっちゃうのはねぇ……だってお薬の副作用で、健康を損なって、命を削ることにもなりかねないし……どんなに素晴らしい記録が出ようが、そんなの、本末転倒です。
オリンピック選手のみならず、パラリンピック選手にまで、お薬がはびこるのは本当におかしい。パラリンピックというのは、障害者の方達が、健康になる為や、リハビリの一環として、一生懸命スポーツに取り組んだ結果、用意された晴れ舞台なんじゃないの? 
メダルの色にこだわり過ぎる、ほんの僅かな選手のせいで、「参加することに意義がある」が死語になってはいけないと思います。
参加するまでの自分との闘いこそが、一番大切ですごいこと、ホントは皆知っているんだから。
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る