ロゴ

9月29日のWARUKO
「mamaはゲテモノがお好き」

  「うん? にゃんだ、このへんてこりんな音は……」
WARUKOのお耳は、何やら怪しげな音をキャッチしました。どうやら台所の流しから聞こえて来るようです。
WARUKOが早速流しをのぞいてみると、そこには……

何やらガサゴソ動き回る二つの不気味な物体が!

「にゃ、にゃんじゃあ、こりゃあ! あ、足が十本もある!皮もカチカチしてるみたいだし、これはきっと、昆虫のバケモノだ!」
WARUKOは生まれて初めて見る奇妙奇天烈な物体に、びっくら仰天!
そこへmamaがフンフン鼻唄まじりにやって来ました。
「mama、大変だにゃん! 流しにmamaの大嫌いな、虫の巨大バケモノがわいて出たぁ!」
思わず大声で叫んだWARUKOに、mamaは笑って言いました。
「あのね、これは虫じゃなくて、毛蟹ちゃん! めっちゃおいしいmamaの大好物なんでーす!」

ほうら、まっかっかに茹で上がった毛蟹ちゃんたら、何てまぁ、美味しそうなんでしょ!
その昔、タラバ蟹漁のとき、タラバ蟹さんと一緒に獲れちゃう毛蟹ちゃんを、漁師さん達ったら、棄てちゃってたって言うじゃないですか! 毛蟹ちゃんはタラバ蟹さんに比べると、ちっちゃくて食べるトコが少ないからと言うのがその理由らしいですが、ああ、何て勿体ないことを!疲労回復にいいグリコーゲン様が、毛蟹ちゃんの脳味噌(ホントは膵臓と肝臓が一緒になったような臓器らしいけど)には、たっぷり入っているというのに!

「はぁ……棄てられて来たモンをムシャムシャ食べるにゃんて、mamaは何てお下品にゃんだろ。大体、あんな不気味な生き物の脳味噌を食べるにゃんて、WARUKOには信じられにゃいよ」
WARUKOは晩御飯の時間になっても、床の上でいじけてました。

大好物のさんまが食卓にのぼったときには、こんな風に、WARUKOも思わずテーブルの上にのっちゃうんだけどね。

翌日。
「うん? にゃんだ、このおいしそうな匂いは!?」
WARUKOのお鼻が、今日は何やらおいしい匂いを嗅ぎつけました。papaが台所で出刃包丁を握ってます。

「ねぇねぇ、にゃにしてるんだにゃん!?」
WARUKOは伸び上がってpapaに聞きました。
「ワルちゃん、危ないから邪魔しないで!」
papaに言われて、WARUKOは仕方なく……

邪魔にならないように別の場所に移動して、papaの手元を見てみると、何やらぶっとい物体を、解体しています。

「それは一体何だにゃん?」
「これはね、マグロのシッポ! スジスジしてるから、ホントは棄てられちゃうトコなんだけど、焼いて食べるとスジスジがプルプルしておいしいんだよ」

「はぁ……papaまで、棄てられちゃうトコがおいしいにゃんて、どうかしてる……」
WARUKOはその日もソファでいじけて、テーブルの上にあがりませんでした。。
  何度も言うけど、WARUKOはさんまが大好き。
にゃんで、mamaもpapaも、ヘンなもんばっかり食べるんだろ……。
そしてそのまた翌日。
テーブルの上でくつろいでいるWARUKOに、突然mamaが、超へんてこりんなものを差し出しました。
にゃんだこりゃ……ちょっとWARUKOのお手てに似てるにゃん。
WARUKOはとりあえず、クンクンと匂ってみましたが、特別いい匂いもしないし、ヘンな匂いもしません。
「これは一体にゃんだにゃん?」
WARUKOがmamaに聞くと、mamaはニヤッと笑っていいました。
「これはね、豚足ちゃん。豚さんのあんよだよーん!圧力鍋で煮たら、トロットロでおいしいんだな、これがっ!」
「ぶ、豚さんの足ぃ!? そんなもん、たたたた、食べるのぉ!?」
「もっちろーん!」
「うえぇええ……mamaは絶対にゲテモノ食いの野蛮人だぁ!」
WARUKOはmamaのあまりのゲテモノ趣味についていけません。

そんなWARUKOを抱っこして、mamaは煮上がった豚足君を見せました。
「ほうら、トロットロになってて、おいしそうでしょ?」

「……確かにいい匂いだけど……でも豚足は豚足だにゃん! 普通の豚肉食べればいいにゃん!」
「あのね、豚足ちゃんには、コラーゲンがたっぷりなの。豚足ちゃん達みたいに、かつて棄てられちゃってたものに、いーっぱいいろんな栄養素が入ってることがわかったんだから! マグロのシッポにもコラーゲンたっぷりだし、マグロの目玉には、頭がよくなるDHA。蟹の甲羅には、肝臓を守るキトサンでしょ、イクラちゃんばっかり人気があって、棄てられちゃってたサケのシラコ君には、老化防止のDNAでしょ……」

「ちょっと待ったぁ!」
やたらめったら栄養素の話をし出したmamaを、WARUKOは世界一かわいい肉球を見せてストップ。
そして冷たく言い放ちました。

「mama、そんにゃに栄養素に詳しくなるにゃんて……年取ったねぇ……」
「・ ・ ・ ・ ・」
WARUKOに言われ、暫しmamaは固まってしまいました。
た、確かに……
mamaも若い頃は、栄養のことなんかこれっぽっちも考えなかったし、見た目に気持ち悪いものなんか、大嫌いだったのに。

小学生の頃、フナの解剖で気持ち悪くなり、中学生の頃、カエルの解剖で、貧血起こしそうになったのに、今じゃ、さんまの内臓、あのウマニガが大好きだし、食用蛙のから揚げ、おいしいって食べられるし、豚足どころか、豚舌だって、豚の胃袋だって、料理できちゃう。
一体何がどうしてこうなったんだぁ!? いつどこで、どんなことがあって、平気になったんだぁ!? さっぱりわからない……。

でも今のmamaに断言できること。それは……

「コラーゲン、命! お肌のために、コラーゲンの入ってるモンなら、何でも来ーいっ!」
 
WARUKOはmamaの雄叫びを聞いて思いました。

WARUKOの大好きなさんまちゃんが、世界で一番コラーゲンが入ってる食べ物だったらいいのににゃあ。
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る