ロゴ

10月17日のWARUKO
「思秋期」

  WARUKOがいつものようにお庭を眺めていると、網戸の向こうから、とってもいい香りが運ばれてきました。
うーん……にゃんてあまぁい、いい香り! 一体この香りはどこから運ばれて来るの?
WARUKOは早速、分身、WARUKO1号にお庭を偵察して来るように言いました。
そしてWARUKO1号が発見したものは!

大きな緑の木に散りばめられた、オレンジ色のかわいい小花達!

そう! 初秋の花、キンモクセイです! 
「これから本格的な秋ですよぉ! そして、お花の少ない冬を迎えますよぉ! だから今のウチに、私の香りを存分に楽しんでねぇ!」
キンモクセイは、まるでそう言ってるみたいに、甘くて優しい秋の香りを、辺り一面に振りまいていたのでした。
もう秋なんですねぇ……秋かぁ……秋と言えば……

食欲の秋!
花より団子のWARUKOmamaが秋の味覚、梨を持って来てくれました。
だけどWARUKOはにゃんこだから梨なんか食べにゃいもん!
そしてこんなまぁるくてつるつるのモノ見せられて、WARUKOが「アレ」をおねだりしない筈がありません。

「アレ」とは勿論、WARUKOが大好きなWARUKOpapaのはげあたま!
う〜ん、おいチい!
食欲の秋に、WARUKOpapaのはげあたまのお味は格別だ!
そして秋と言えば……

読書の秋!
WARUKOはWARUKOpapaのお膝でプロレス雑誌を読むのが大好き。
でもそれって「読書」って言えるのかなぁ……
ま、いっか。にゃんこだし。

それにしても、秋って、やっぱりちょっとモノ悲しいにゃあ……
WARUKOはトウガラシの赤い実を見つめながら思いました。
やっぱりWARUKOは、いろんなお花が次々に咲き始める春が好き。春が持ってるワクワク感が好き。

そうだよねぇ……WARUKOmamaもWARUKOに同感です。
「春」は本当に素敵な季節。毎年巡って来る春もだけど、人生における「春」もね。
「じゃ、WARUKOmamaは人生の『春』にタイムスリップして来るから!」
突然WARUKOmamaはそう言って、WARUKOの分身達を連れ、お出掛けしてしまいました。
WARUKOmamaのお出掛け先、それは……


にゃんこが一杯のネコネコ天国!

WARUKOに比べたらずいぶんとちっちゃい白黒にゃんこの「コソデ」ちゃん!

そしてこちらは、お耳が折れてるスコティッシュホールドの「マンチ」ちゃん!

実はこのネコネコ天国、WARUKOmamaの学生時代の同級生、りんちゃんのお宅。もう一人の同級生、えりちゃんと二人で、お邪魔しに来たんです。
いやあ、やっぱり学生時代の友達はいいです。どんなに久しぶりに会っても、アッという間に、我等が人生の春、青春時代に戻れちゃう。勿論、あの頃のまんまの自分達ではないけれど、「春」の季節に沢山の思い出を共有してるから、気持ちの上ではタイムスリップできちゃうんだよね。卒業して、それぞれ、別の世界での出逢いも沢山あって、友達になった人も一杯いるけど、学生時代の友達関係とは、やっぱり違います。なんたって、今まで生きて来た人生の半分以上、友達でいるんだから。
そしてWARUKOmama達は、お料理上手なりんちゃんのご主人が作ってくれた、とびっきり美味しい中華料理とお酒を頂きながら、思い出話に花を咲かせました。

これは、お酒の飲めないえりちゃんのために、りんちゃんのご主人が出してくれたもの……
このまんまるのもの、何とお茶なんです! しかもとってもすっごく素敵なお茶!

お湯を注いで暫くすると、あのまんまるが、お湯の中でこんな風にお花を咲かせるんです!

お湯の中でじわじわときれいに花開いて行く様子は、まるでWARUKOmama達の青春時代の思い出みたい。普段は記憶の奥底に眠ってるけど、一度語り出したら、どんどん花開く、ちっとも色褪せていない思い出。

私達、ホントにあそこにいたんだよねぇ。あそこで生きてたんだよねぇ……家族と一緒の時間よりもうんと長い時間、一緒にいて、バカやって、笑ったり泣いたり怒ったり……あんなに喜怒哀楽を素直に出せる季節って、あの頃しかないよね。終わっちゃった私達の「春」。もう二度と帰れない私達の「春」。あの「春」に、WARUKOmama達は出逢って、ここまで思い出を積み重ねて来たんだよねぇ。あの頃、自分達が「中年」と呼ばれる日が来ることなんて、考えもしなかったよね。それが今や……見事に人生の「秋」を迎えちゃってる。
そしてWARUKOmama達の話題は、いつしか思い出話から、今、現在直面している現実問題となりました。それは……
シワだのシミだのシラガだの、脂肪だのセルライトだの、たるみだの……ホントにもう、こうなると色気もそっけも味気もない……
しまいにゃそろそろ老眼!?なんて話まで飛び出して、「やっぱり学生時代が花だったよねぇ……」とため息。
だけど、今のこの時間だって、過ぎ去れば二度と帰れない、大切な時間なんだよね。ホントにホントのおばあちゃんになって、自分の人生を振り返るとき、「人生の秋だって、人生の春に負けないくらい、素敵な思い出が一杯だよ」って、言えるようにしたいなぁ……と、WARUKOmamaはしみじみ思いました。

そしてついついずるずると長居をしたWARUKOmamaとえりちゃんが、漸く重い腰をあげた頃、WARUKO1号達もすっかりコソデちゃん達と仲良しになっていました。

マンチちゃんはさよならするとき、WARUKO2号にハナハナチュッチュまでしてくれたんです。そしてその頃、本物WARUKOは……

大好きなWARUKOpapaとハナハナチュッチュ。

そしてWARUKOpapaのお膝の上で夢の中へ。
その晩、WARUKOが見た夢は、WARUKOの青春時代の夢。きょうだい達とやんちゃやってた野良猫時代や、WARUKOmamaとWARUKOpapaをホントに困らせた、「積み木崩し」時代のこと……(詳しくは、12月2830日の日記にあるにゃん)

WARUKOもすっかり、人生の「秋」を迎えています。もう昔ほどジャレなくなって、殆どコロンと寝転がってばかり。
でもさ、WARUKO、一緒に人生の秋を楽しもうね!
ネコネコ天国での一日も、WARUKOmamaにとってもWARUKOの分身達にとっても、ホントに楽しい思い出になったよ!
りんちゃん、えりちゃん、そしてりんちゃんダーリン、楽しい時間をありがとう。りんちゃんダーリン、お料理、本当にごちそうさまでした!
今度また、いつ会えるかわからないけど、皆、人生の秋を楽しもうね。
私達はまだまだキンモクセイ香る、初秋にいるんだよ。これから迎えるのはなが〜〜〜い「紅葉」の美しい季節なのさ! 
まだまだ枯れてたまるかい!人生の冬なんか、うーんと先のことだもんね!「人生の秋」、バンザイ! 「実りの秋」に、カンパーイ!
今月の日記
  1月11日 また逢う日まで!
2005年12月
  12月25日 三周年
2005年9月
  9月29日 mamaはゲテモノがお好き
  9月13日 伝えるべきもの
2005年8月
  8月19日 思い出浴衣
2005年7月
  7月17日 破壊王の穴ボコ
2005年6月
  6月12日 開けぇ、花!
2005年4月
  4月19日 旅先マジック
2005年3月
  3月22日 WARUKO、忘却の彼方へ!?
2004年の12月
  12月25日 メリクリ&アニバ
  12月9日 ある日突然
2004年の9月
  9月26日 金メダリストと三本足にゃんこ
2004年の8月
  8月15日 連鎖反応
2004年の7月
  7月25日 お盆
  7月2日 同窓会
2004年の6月
  6月8日 初恋
2004年の5月
  5月21日 初めてのメルトモ
2004年4月
  4月29日 狙われたWARUKO家
  4月16日 春色一杯
2004年3月
  3月27日 マチガイにゃい!
  3月7日 通り道
2004年2月
  2月21日 春にお帰りなさい!
  2月1日 揚げ餅part2
2004年1月
  1月11日 揚げ餅
  1月1日 新年のご挨拶
2003年12月
  12月25日 アニバーサリー
  12月10日 イマジン
2003年11月
  11月24日 夢part2
  11月9日 夢
  11月1日 思秋期part2
2003年10月
  10月17日 思秋期
2003年9月
9月26日 WARUKOの家族、今、昔
9月13日 WARUKOmamaの浮気疑惑
9月5日 ペリカンに乗ったWARUKO1号
2003年8月
8月27日 分身達の反乱
8月7日 初めてのお泊まり旅行part2
2003年7月
7月14日 初めてのお泊まり旅行
2003年6月
6月11日 贈り物
2003年5月
5月11日 人は見た目?
2003年4月
4月29日 WARUKOのストレス
4月19日 WARUKOpapaの妖術
4月4日 春まっさかり!
2003年3月
3月13日 どっちが幸せ?
  3月5日 いつかきっと 
2003年2月
2月22日 WARUKO式性格ブスの治し方
  2月12日 WARUKOがとっても好きなもの
2003年1月
1月29日 WARUKOの悩み
  1月21日 WARUKOmamaの歳
1月17日 プロレス観戦が大好きなWARUKO
  1月9日 網戸が隔てるWARUKOとマガリ達の運命
お正月のWARUKO
2002年12月
12月30日 WARUKO、ケソケソからプクプクへの道
  12月28日 WARUKOはなぜにWARUKOなのか
  12月25日 親ばか日記スタート
AREA-Dへ戻る